記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 関西旧裏オフ(デリバード杯)考察

7月8日に大阪で年に2回行われる旧裏オフが開かれます!前回は水樹奈々のライブで観戦オンリーだったのですが、今回は参加します。

ただ、いつもの殿堂ランクではなく、ビクトリー・ポイントでデッキを組みます。加えてデリバード(neo3)を必ず1枚投入しなければなりません。
デリバード

ギャンブルカードですが、無色2個エネルギー始動で60ダメージか40ダメージを飛ばせる可能性があるので油断なりません。2月に行われたウツボット杯とは違い、強制的に入れなければならないのはこれ1枚だけなので、そこまで苦しいことはないと思います。まあカードゲームの例にもれず、1枚でも本来入れないカードがあると、随分違ってきたりしますが・・・

殿堂ランクとビクトリー・ポイントの違いを説明します。スイカさんのツイートの画像を貼っつけたともいう。

1495110734154.png

せっかくなのでここに載ってるカードが、今回のオフ会でどのように使われそうか予想します。

・きあいのハチマキ(3→4)
ハチマキ
普段の旧裏でも耐久低いポケモンにたまに付けられたりしてますが、コイントス次第というのがあって自分は使うと信用できないが、使われるとやっかいなカードという一番関わりたくないカードですね。

・メガニウム(neo1)(1→2)
メガニウム
草ポケモンについてる草エネルギーを倍にする草ポケモンデッキの要。自身の特殊能力故に草エネ2枚でアロマスリープ打てる手軽さもあり、現在でも一定以上の強さを誇る。
が、炎弱点と鋼に抵抗持たれるという点で厳しさがあり使用者は激減。加えてベトベトンやまきベトで特殊能力を止められるとエネ2枚しか付けてなかったら確実に攻め手が遅れる。このようにデッキパワーはあるものの、対策も多いので制限強化はしなくてもと思ったが、後述すつバクフーンの規制強化やカメックスの規制緩和の中で、こいつだけ放置するのもどうなのかなと思われたのかな。

・バクフーン(neo1)(1→2)
バクフーン
コイントスという運ゲーが絡むも、成功すれば大きな加速に繋がる。強さという観点で見れば最もお気に入りのカードだったりします。
メガニウムにもいえることですが、デッキ内のエネルギーを少なめにしても十二分に戦えるんですよね。

・ブビィ(イントロneo1)(0→1)
ブビィ
抵抗を持たれなくて殿堂ポイント0だったため、採用率が高かったカード。昔イントロneo買ってもらった非常に稀有な存在だったんですが、昔に大量に売ったときに混ざってたんですよね。ピチューとともに。ヒノアラシやチコリータは何故か残ってるんですが・・・

・ピチュー(イントロneo)(0→1)
ピチュー
炎デッキに組み込むと、水に対して弱点取れるので自分は重宝してたのですがブビィとともに制限強化。これによりビクトリー・ポイントが付いてないベイビィはムチュール(neo3)オンリーになりましたね。
ムチュール
こやつはダメージ与えに行けないのですが、今回は無色2個エネルギーの規制緩和もあり、特殊エネルギーの遭遇率も高くなりそうなので使われるかも?

・--のピカチュウ(通称お誕生日ピカチュウ)(8→0)
おたピカ
タケシカスミマチスエリカ・・・という風に複数の名前を書くのは禁止されてます。マルマイン(第1弾)のエネエネで加速して、オフ会当日が誕生日だったらもしかしたら強い?
マルマイン
最近知ったんですけど、このマルマインのエネ加速はポケモンカード全カードプールで見ても最高クラスなんですって。デッキにエネルギーを要求しないのが評価点らしい。ポケモンカードGBだと自ら気絶がそこそこに複雑な処理をしてるので再現できなかったのかなと思う。

・ニューラ(neo1)(8→6)
ニューラ
無制限時代猛威を奮ったポケモン。逃げ0、弱点なし、2エネダメージ期待値80、HPも60とそこそこ。弱い点が見当たらない。
使用させる気のない8ポイントでしたが、関東旧裏対戦会で使われたところ、殿堂ポイントをこいつに全振りしても問題ないぐらいのデッキを作れたみたいなので、緩和された今回がどのように使われるか楽しみである。

・バリヤード(Blue)(5→4)
バリヤード
ベンチにいる限り弱点、抵抗力がなくなる。現在の採用率が0に近いので緩和も妥当でしょう。
確かに殿堂ポイントが低かったらリザバクにも使いたいカードではありますね。水弱点がなくなったら水デッキに勝てるのも夢じゃありません。
それだけポケモンカードにおける弱点、抵抗力の影響は大きいのだと思います。

・カメックス(第1弾)(4→3)
カメックス
第1弾と書いてますが、カメックスはこれしかないはずです。とりかえっこプリーズは同一カード。
旧裏の代名詞ともいえるカード。メガニウム、バクフーンが殿堂ランク1で過去に活躍したとはいえ、同じエネ加速のこいつが殿堂ランク4なのはおかしいだろと散々言われてたカードが満を持して制限緩和。
今までだとこいつを2枚入れたらそれだけで殿堂ポイントを使いきってたので、カメックス1枚と突風1~2枚と余ったらパソコン通信という苦しい選択肢だったのですが、今回はカメックス2枚と突風1枚という組み合わせもいけるの速攻を仕掛けにいくデッキも良さげこと思います。
しかし、一番のカモであるバクフーンを使用した炎デッキがバクフーンの制限強化により使用率が下がりそうなのではたしてどうなるか・・・

・R団のサンダー(4→3)
Rサンダー
単体で完結してる非常に強力なたねポケモン。プラズマってなんでダメージ与えるんすかね?トラッシュから付けれないとダメージ与えれないでもめっちゃ強そうですけど。
殿堂ランク高すぎて使われないカードと思われてたのですが、先月の関東旧裏オフでポケモンのカードがこいつ1枚とライコウ(neo3)4枚とエイパム(neo1)1枚の計6枚というデッキが本戦及びデッキ賞で優勝してたので、終わったコンテンツのはずの旧裏にまだ発見されてない組み合わせがあるのだなと改めて認識させられました。
反動技と相性のいい鋼エネルギーを空いた1ポイントに入るので、1つのデッキとして使われる可能性も大いにありますね。

・プクリン(ジャングル)(4→3)
プクリン
これも有名なカードじゃないでしょうか?ただ同じ最大60ダメージを飛ばせるカメックスと違い、無色2個エネルギー(ビクトリー・ポイント2)の力を借りないと速攻を仕掛けれない、その場合弱点となるエネルギー・リムーブ(殿堂、ビクトリー・ポイント2)をデッキに返すミニスカート(殿堂、ビクトリー・ポイント2)を使うことになり、特殊能力を止めたいならベトベトン(殿堂、ビクトリー・ポイント4)を使うことになり、これだけだとビクトリー・ポイントを大量に使うことになるので新しい構築が必要になりそうですね。
進化前の第一候補であるプリン(ジャングル)も体力60で確定眠りと20ダメージがあるので悪くないと思います。1進化でありながらほぼ同じ強さのパラセクトはどうしてああなった・・・
プクリン1~2枚、残りを逆指名or突風という構築がそこそこに安定して強いかもしれない。

・ピィ(neo1)(3→2)
ピィ
当時はミニスカートでトレーナー全部デッキに戻されても1枚でもエネルギーがあれば手札を回復できたカード。殿堂が3/8ということもあり採用は厳しかったが、今回はビクトリー・ポイント2なので活躍の場は増えるかもしれないですね。
今回のベイビィポケモンの制限変更はイントロneoの制限強化が目立ちますが、5種の制限緩和も大きく影響しそうです!

・エレキッド(neo1)(3→2)
エレキッド
最近だとみけるさんが作成した害悪ドンファンというデッキに使われたことが記憶に新しいカード。技を使えない番はこのポケモンの特殊能力を使うと無駄がないので、殿堂ポイントを使ってでも組み込む価値はありそうです。3でも強いので2となると使用率も上がるかもです。カメックスの制限緩和も追い風です。

・バルキー(neo2)(3→2)
バルキー
普段は殿堂ランクの高さ故に中々採用できませんが、こいつを組み込めば闘弱点のポケモンでHP60以下を1/2で一撃で倒せると考えたら中々の強さに思える。海外版のエラーカードか忘れましたが、わるいラフレシアの弱点が闘なので、バルキーのワンパンで倒せるだとか。
ベイビィ対決でもこちらは1/4で一撃で倒せるので分のいいギャンブル勝負に持ち込めると思ってます。

・無色2個エネルギー(3→2)
ニコタマ
今回デリバードを活躍しやすくするために緩和されたカード。違うかもだけど・・・
プクリンと一緒に緩和されたのでプクリンのお供になるかと思いきや、上で述べたように一緒には使われないと予想してます。じゃあ何に使うのかというと、殿堂、ビクトリー・ポイント共に2に指定されてるポリゴン(ファンクラブ)に使われるのでは?と危惧してます。解説は最後の変動のなかったカードのところでやります。

・くいしんぼカビゴン(2→1)
くいカビ
普通に強いたねポケモン。ポケモンカードGB2ではお世話になりました。
空いたビクトリー・ポイントに入れてみたいが、バルキーの緩和と大ダメージ与えるまで時間がかかるので厳しいかも・・・

・ブーバー(化石)(2→1)
ブーバー
絡めて使いの強いたねポケモン。ブビィから進化させれるがイントロneoの方は制限強化されてるので進化させての運用は難しそう・・・
与えるダメージが低いのも欠点かなと。

・ストライク(ジャングル)(2→1)
ストライク
ジャングルパック内の全ての草ポケモンの存在を完全否定するかもしれないスペックを持つポケモン。発売当時は非常に高い採用率を誇ってただとか。
それ故に少しながらの殿堂ポイントを付けられ、以後は採用率は0に近くなった辺り、殿堂ポイントの影響は大きいですね。
今回は1減ったので、闘弱点のデッキに1枚入れて様子見や、あわよくばアタッカーにしたりハッサム(neo2)に進化させて草抵抗で戦うのもありかもしれませんね。今回制限緩和された過去に強かったたねポケモンのなかでは採用率が一番上がると予想してます。

・エレブー(第1弾)(2→1)
エレブー
発売当時から使われてる攻めっ気強いたねポケモン。逃げ2なのがちょっと辛いか?
関係ない話であれですが、ポケモンの逃げるためのエネルギーってポケモンの種族値ではなく、体重を重点的に見てる気がします。

・ピィ(コロコロプロモ)(2→1)
マサキピィ
トレーナーカード「マサキ」を技で使用する。殿堂、ビクトリー・ポイント共にneo1より1低いが、使われてたとこを見たことない。
ただ、今回は1/8なので使用頻度は上がるかもしれないです。

・ピチュー(neo1)(2→1)
パチパチピチュー
今回特殊能力を持ったポケモンのビクトリー・ポイントは上がったり下がったりしてますが、一番の仮想敵であるわるいラフレシア、プテラ(化石)、ベトベトン(化石)はポイント変動がないので、デッキに忍ばせると活躍の場があるかもしれない。自身が1/8になったため入れやすくなり、仮に特殊能力を全く使わないデッキと当たってもベイビィポケモンという壁で最低限以上の活躍は見込めると思います。

・エビワラー(第1弾)(1→0)
エビワラー
当時はスペシャルパンチでエレブーやプクリンを一発KOできて高評価だったが、最近だと逃げ2ということが足を引っ張り、けたぐりしかできない第1弾ワンリキーの劣化とも言われてたり。
単純にして強いのは事実なので、闘デッキの立ち上がりの補強に採用されるかもしれません。枠があるかはわかりませんが・・・

・ホウオウ(PF3)(1→0)
ホウオウ
自身に4種の基本エネルギーが付いてたら70ダメージ。強そうだけど構築力が問われそう。
同じ1→0のエビワラーよりは使ってみたいと思うけど、上手い組み合わせが思いつきません。

ここから先は今回ポイント変動がなかったカードと殿堂ポイント0のカードから計3種選んで、今回のレギュレーションで使われそうなカードについて書いていきます。

・ポリゴン(ファンクラブ)(殿堂ランク2)
ファンポリ
主に関東旧裏対戦会で研究され、かなり強力と噂されてるカード。
技の説明文長くてダメージも与えれないので強さが伝わりにくいかもしれません。特に強いと言われてるのが2つ目の技の「ハイパーテクスチャー」です。
要するに相手のポケモン一匹にマーカー乗っけて(進化、退化で外せる)そのポケモンのタイプを変えるのですが、単純に超タイプに変えることで自身が受ける技のダメージを30減らせれます。

カメックスやバクフーンの特殊能力の対象から外すことができ、わるいマタドガスのタイプを変えてやれば、そのわるいマタドガスが繰り出す「みんなでばくはつ」は超タイプが繰り出すことになり、反動に弱点・抵抗力に関係なくと書かれてないので20ダメージの反動が40ダメージになり、迂闊に技を使えなくさせれます。

同じ反動技でいえば、第1弾ラッキーを闘タイプに変えてやれば鋼エネルギー4枚付いてる状態ですてみタックルしてきても、本来なら反動80ダメージが、鋼エネルギーにより受けるダメージが40減る+鋼エネルギーによる与えるダメージが40減るで80減るで反動0ダメージになるところ、まず自分に80×2=160ダメージから計算されるので技を打たせれなくさせれます。ただ、多くの鋼ラッキーと呼ばれるデッキにはハピナス(neo3)と退化スプレーHYPERを採用されているので油断はできませんが。

また、鋼タイプ以外に鋼エネルギーを付けてたら与えるダメージがその枚数×10減るのでハガネール辺りを超タイプに変えてやれば相手はとても困るでしょう。
同じ特殊エネルギーの話をしたら、悪エネルギーは悪タイプ、またはわるいポケモンに付いてなければポケモンチェックに毒ダメージと同じようにダメージがかさむので(ベンチにいても)悪エネルギーが付いてる悪タイプのポケモンのタイプを変えれば自滅に追いやることもできます。

このように適当に超タイプに変えてやるだけでゲームバランスを崩壊させることができます。しかもこの技を無色2個エネルギーを付ければ1ターン目から使えるので、今回のルールにうってつけなんですよね。正直無色2個エネルギーを制限緩和するなら、その分このカードを制限強化してほしかった・・・

そもそも今回のルールは、3年間使用され続けていた殿堂ルールから変更するかもしれないテストプレイの可能性も感じるので、結果の内容次第だとこのカードの大きな制限強化も十分に在り得ると思ってます。

そして1つ目の技ですが、お互いの場のトレーナーカード全部トラッシュはスタジアムやポケモンのどうぐをトラッシュできるので、時代を先取りしてるカードに思えます。

そしてマーカー全部取り除きですが、要は自分の場にばらまかれた超マーカーを全部外せます。相手のも外れますし、返しに1匹に乗せられるかもですが、劣勢を返せる技に思えます。

使ったことないですが、存在が非常に危険な感じがしてます。

・ヤミカラス(neo1)(殿堂ランク0)
ヤミカラス
相手を逃がさず、相手の場のポケモンにあらゆる状況を貫通して20ダメージを与えれます。悪エネルギーを1枚付けてたらバトル場には30ダメージ与えれます。

相手のベンチに逃げるコストが重く、エネルギーが付いてないポケモンがいれば、逆指名や突風、エリカのウツボットの特殊能力で呼び寄せてから「くろいまなざし」を使い、その後の回答がなければ「だましうち」でベンチを壊滅させればそのまま勝利することもできます。

また、悪タイプということもあり抵抗力が超なので、ファンクラブポリゴンの「ハイパーテクスチャー」で超タイプに変えてから呼び寄せれば、より安全に縛ることができます。自身だけでは中々活躍できませんが、他のカードと組み合わせることで絶大な強さを出せます。これぞカードゲームの醍醐味でしょう。

ニューラと同じパックに収録され、以後のパックの悪タイプは相当性能が抑えられてます。個人的に無制限にしては強すぎるカードと思ってます。

・マダツボミのとう
塔
全員のデッキにデリバードが入るため、いつも以上に活躍の可能性のあるカード。昨今だとコラッタ(ロケット団)とロケット団参上!によるコンボでデッキトップとサイドカードを入れ替え、サイドカードは手札ともいえるコントロールが見受けれます。墓地は第2の手札、除外は第3の手札。

それを対策して、そのコラッタをエリカのウツボットで呼び寄せ、このスタジアムを張ってヤミカラスの「くろいまなざし」でコラッタを縛るキングドラをメインに据えたデッキが去年秋の関東旧裏オフで優勝されてます。しかも使用者はR団のサンダーのデッキで優勝された方。つまり2冠取られてます。凄すぎ!!

今回はビクトリー・ポイントによるポイント変更に目を向けられがちですが、ファンクラブポリゴンとヤミカラスが暗躍する可能性が高いオフ会になると予想してます。

ただ、当日のくじ引きにより2チームに分かれて対戦を行い、勝利ポイントの高いチームの勝利や、どのデッキが一番よかったかを投票するデッキ賞が豪華と発表されてるので、そんなにガチガチな戦いにならないかもしれません。

また、定員20名の大会で1日でキャンセル待ちが1人出てますので参加したいと思っても観戦になるかもしれませんが、もしかしたら当日キャンセルが出たり、狭くなるかもだけど対戦できるスペースを作って下さるかも!これ読んで参加を考えた人がいるかはわかりませんが、こういうのは参加してみてから今後を考えても遅くはないと思います。

次の記事は予定通り、海馬デッキのデッキキャパシティ500のデッキ解説となります。

このデリバード杯の内容は日曜日に急遽決まったので、今回は早めに書きたいと思い頑張って書きました。いかがだったでしょうか?

次の記事はもう少し時間かかるかもですが1週間以内に書きたいと思ってます。

それではまた!
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは うにょーんともうします
デリバード杯楽しそうですね
上にも書いていらっしゃるとおり、ウツボットのときとはちがって、デリバード1枚だけというのがポイントですね… デリバード4枚みたいなルールなら
雷ポケモン(今回でいうとポイントが下がったエレブーかな?)で、ぎゃくしめい、突風、ポケモンの笛 、香水、祭りになりそうだなと思ったり…(そんな単純じゃねーだろ! …な、感じもしますが)

ポイント0になったエビワラーは、当然といえば当然ですね 今回は必ず闘抵抗をもったカードである デリバードが一枚入るわけですから 格下げは当然(バルキーもポイント下がりましたが、こちらは抵抗力にぶつかってもすぐに逃げられますし)
                                

うにょーんさん、はじめまして。Shogiと申します。初のブログへのコメントありがとうございます。

今回は2月のウツボット杯を開いてくださった方が運営サイドのオフ会になっており、普段以上に楽しみです!

デッキに入れなければならないカードはデリバード1枚だけですが、なるべく場に出さず戦おうと宣言してる人も既にいて、それをポケモンの笛で呼び寄せようとしてる人もいたりするのでいつもと違うオフ会になりそうです。

殿堂ポイントから少し変更になったビクトリー・ポイントですが、闘ポケモンの変更がデリバードと関わってるとは考えてなかったです。真意はわかりませんが、いくらか雷ポケモンの低めになっており、色んなカードに日の目が見れそうです!

それと、ツイッターのフォローありがとうございました。フォロー返しさせていただきました。旧裏以外にも活動してるので旧裏以外も多く話してますが、何卒よろしくお願いします。

No title

いえいえ、こちらこそフォロー返しありがとうございます。

闘ポケモンの肩身(というかエビワラーとバルキー)
が狭い的なことを、21日の僕は言っていますが
よく考えたら、デリバを狙う雷を狙うのは闘なんですよね

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。